スポンサーリンク

合併症ってなに?

糖尿病の症状や合併症には、
どのようなものがあるでしょうか。

 

 

 

ここでは、そのことをご説明いたします。
たとえば、下記のような症状が代表的なものと考えられています。

 

 

異常に食欲がある

 

のどがとても渇く
 
体がだるくて疲れやすい
 
朝の目ざめがスッキリしない
 
皮膚がカサカサしてつやがなくなってきた
 
尿の量や回数が増えた
 
足先などが、チクチクする
 
足がつるような感覚がある
 
便秘あるいは下痢が頻繁に起きる
 

 
視力の低下
 
食べても体重が減る・痩せてきた
 
 
といったことが挙げられます。
 

 

 

一般の病気には、
初期症状と呼ばれるものがあるのが普通ですが、
実は糖尿病の恐ろしいことの一つに、
この初期症状というものがほとんどなく(実際には気づかない)、

 

 

 

上記の症状が表われた場合は、
実はもうかなり糖尿が進行していると考えなければならないんです。

 

 

 

特に最後の赤字の3つは要注意ですよ。

 

 

 

便秘や下痢というのは、
病気でなくても時々起こることですからそれほど気にしないことが多い訳です。

 

 

 

でも、だからこそ注意が必要なんです。

 

 

 

便秘や下痢が頻繁に起きたり、
あるいは便秘と下痢を交互に繰り返したりするような、
少し普通とは違う状況が起きていないかどうか、思い起こしてみてください。

 

 

 

 

そのような症状が見られる場合は、
自律神経がかなり弱っていることが考えられます。

 

 

 

胃腸の働きというのは、
本来自律神経によって制御されています。

 

 

 

便秘や下痢が頻繁に起きるというのは、
普通は制御できるものが、制御できていないということですから、
自律神経に問題があることが多いんですね。

 

 

 

「糖尿病性神経症」に発展する可能性が強いと言えます。

 

 

 

また、視力の低下はどうでしょうか。

 

 

 

視力の低下は若者でも起きますし、
老化現象の一種でもありますので、
糖尿と結び付けないかもしれませんが、
「糖尿性網膜症」は糖尿病患者の2人に1人がなるとも言われていて、
実はかなりの注意が必要な症状とも言える訳です。

 

 

 

 

さらに、食べても痩せる、これはかなり深刻です。

 

 

 

 

一般的に糖尿の方の場合は、
太っていることが多いと言われています。

 

 

 

 

過食や運動不足などによって、
体重オーバー気味なので、食事制限や運動によってまず体重を減らすことを指導されます。

 

 

 

でも、食べているのに痩せる、
食べているのに体重が減るとは、
一体どういうことでしょうか?

 

 

 

それは、わたしたちが太ってしまう理由を考えるとよく分かります。

 

 

 

食べ過ぎると、
余分に摂った栄養はどこにいくでしょうか?

 

 

 

 

体の外に行ってくれれば太ることはありませんが、
そうではなく体内に貯蔵される、
つまり脂肪として蓄えられていきます。

 

 

 

糖尿病というのは、
余分に摂った栄養がブドウ糖として
血液中に余っている状態になります。
 

 

 

そしてそれが尿に排出されるので、
糖尿病とも呼ばれている訳です。

 

 

 

実は糖尿病がかなり進行すると、
余分に摂った栄養だけでなく、
体に必要な栄養も貯蔵してくれなくなるんです。

 

 

 

つまり、体(厳密には細胞)が、
もう栄養を受け取れない状態になるんです。

 

 

 

だから、食べても食べても、
栄養が垂れ流し状態になり、
全部尿と一緒に外に流れて行ってしまいます。

 

 

そうすると体は栄養をもらえないので、
だるくなったり、
疲れが回復しなかったりといった症状も引き起こすのです。

 

 

 

 

必要な栄養を食べた物からはもらえないのでどうするかというと、
筋肉や脂肪に蓄えているたんぱく質などから栄養をもらおうとします。

 

 

 

 

そうすると、筋肉や脂肪から栄養をとるので、
どんどん痩せていく訳です。食べた物は垂れ流しなので、
栄養はとれません。

 

 

 

筋肉や脂肪から栄養をとるので、
体は食べても痩せる、食べても体重が減少する、
といったことになります。
 

 

 

 

ここまできている場合は、
かなり糖尿病が進行していますので、
早急に改善に向けて励まないといけませんよ。

スポンサーリンク