スポンサーリンク

脳梗塞の種類

脳血栓(のうけっせん)

 

 

 

脳血栓とは、
脳の血管が動脈硬化などによって細くなって、
それ以上先に血液が流れなくなります。

 

 

 

血がそこに溜まってしまい血栓(血の塊)が
できてしまう場合のことを言います。

 

 

 

また、脳の血管が傷つきそれを修復した際にできた血栓が、
同じく血液を通せんぼして、
それ以上先に血液が流れなくなることをいいます。

 

 

 

要するに、脳の血管の中で血栓ができてしまい、
血液が流れなくなった状態のことをいいます。

 

 

 

脳塞栓(のうそくせん)

 

 

 

脳塞栓は、脳の血管の中で血栓ができてしまったのではなく、
他の部位の血管でできた血栓が、
血液の流れに乗って脳部分の血管に流れてきたしまった状態をいいます。

 

 

 

どこの部位でも、
血管は末端に行くほど狭く細くなってきますから、
流れていった血栓(血の塊)は、
いずれどこかで止まってしまう可能性が強いと言えます。

 

 

その止まってしまう場所が脳の血管だと脳塞栓と言います。
と、このような違いが厳密にはある訳です。

 

 

 

しかし原因は違うものの、
いずれにしても血液の流れが悪くなることによって、
脳こうそくが引き起こされることになります。

 

 

 

 

では、脳梗塞が引き起こされるメカニズムを図解入りで、
下記から見てみましょう。

 

 

 

 

これは脳の断面図ですが、
太い血管と、そこから枝分かれしている細い血管がありますね。

 

 

この図は、Bの個所に血栓があり、
それより先のCの個所が壊死している状態を描いています。

 

 

A 血栓ができる可能性がある個所
B 血栓ができている個所
C 梗塞状態。細胞が死んでいる様子。
 

 

 

たとえば、動脈硬化などによって、
血管が細くなっていてAの個所で血栓ができてしまうと、
それ以上先に血液が流れにくくなります。

 

 

 

 

ここでもし完全に詰まると、
ほとんどの脳細胞がやられてしまいますが、これはかなりひどい場合です。

 

 

 

 

また、他でできた血栓(特に心臓の障害によって
引き起こされることが多い)が流れてきて、
どんどん先へ進み血管が、
だんだんと細くなっていくBの個所で止まってしまうと、
それより先のC部分が梗塞状態になります。

 

 

 

 

脳内の血管が血栓によって詰まってしまい、
血液がそれより先に流れなくなります。

 

 

 

そうすると、血液によって、
酸素や栄養分をもらっている脳細胞は、
酸素不足、栄養不足によって死んでしまいます。

 

 

 

これが、脳梗塞の正体です!

 

 

 

もう一度言いますと、血栓(血の塊)が、
血液の流れを防いでしまうことが原因です!

 

 

 

 

では次に、脳梗塞を起こしやすい人のタイプについて、
考えてみましょう。以下のような方々は危険要素があると言えますよ。

 

 

 

脳梗塞に気をつけるべきタイプ

 

 

 

心臓病

 

 

 

心房細動、弁膜症などがあると心臓付近で血栓ができやすくなります。
そして、その血栓が流れていき、
脳内の血管で止まってしまうことが多いのです。

 

 

 

高血圧

 

 

 

血圧が高いと血管を痛めやすくなります。
それが動脈硬化を進行させる場合もありますし、
血管を痛めると、そこに血栓ができてしまい脳血栓を引き起こします。

 

 

 

糖尿病

 

 

 

血液が固まりやすく、
血栓ができやすくなります。
また動脈硬化の重大な危険因子でもあります。

 

 

 

高脂血症

 

 

動脈硬化を進め、脳梗塞の危険を招きます。

 

 

 

肥満

 

 

 

糖尿病や高血圧、高脂血症、心臓病などを招きます。
肥満は万病の元と言われている所以ですね

 

 

 

喫煙・大量飲酒

 

 

 

タバコは説明するまでもなく、
百害あって一利なしです。

 

 

 

様々な病気の主原因ともなっていますが、
動脈硬化や心臓病を引き起こしますし、
ドロドロ血液の根源でもあります。

 

 

 

また、大量の飲酒も、血圧を上昇させ、動脈硬化を進めてしまいます。

 

 

 

ストレス
 

 

 

高血圧、高脂血症、糖尿病、
心臓病などすべてを悪化させる危険因子です。

 

 

 

特に、過剰なストレスは、
血管を収縮させ細くさせるので、
ますます血液が流れにくい状態になるとも言えます。

 

 

 

脱水症状

 

 

 

血液が濃くなり固まりやすくなります。

 

 

 

血液が固まりやすいと血栓ができやすくなってしまいます。

 

 

スポーツ中や、寝ている時なども、
かなりの水分が失われていますので、要注意です。

 

 

 

加齢・遺伝
 

 

 

年を取れば血管は弱くなり、
動脈硬化も当然進行します。

 

 

 

また親族に脳梗塞になってしまった人がいれば、要注意です。

 

 

 

このように、脳梗塞の発症には、
本当に色々な原因が考えられますね。

 

 

 

 

わたしたちほとんどすべてが、
危険な要素を持っていると言っても過言ではありません。

 

 

 

では、この脳梗塞ですが、
もし発症してしまった場合の後遺症には、
どのようなものがあるのでしょうか?次にその点を考えてみましょう。

 

 

 

脳梗塞の後遺症

 

 

 

脳梗塞は、
すべての神経や機能を司っている脳の細胞がやられてしまう病気ですので、
その後遺症も色々です。

 

 

 

梗塞状態がひどいなら、
最悪の場合は死を招く場合もありますが、
血栓(血の塊)によって血液の流れが、
止まってしまった個所によって、引き起こされる障害は違ってきます。

 

 

 

 

つまり脳細胞のどの部分が死んでしまったかによって、
障害が違ってくる訳です。

 

 

 

多くの場合は下記のような障害を引き起こします。

 

 

たとえば、脳の運動機能に、
関係する部分が壊死してしまえば、
マヒが残ることが予想されます。

 

 

片マヒ(片側の手足の運動マヒ)と呼ばれるものです。

 

 

 

脳の視覚中枢ならば、視野障害(失明、視力低下など)が引き起こされます。

 

 

脳の知的中枢ならば、
痴呆などを引き起こす場合もあります。

 

 

 

さらに感覚障害、
言語障害(思ったことを話せない、
相手が言っている意味が分からなくなるなど)、

 

 

失読(字が読めなくなる)
失書(マヒではないのに、字が書けなくなる)妄想や気分・感情の異常、
記憶障害などの精神症状、
尿失禁(尿意が分からなくなり、失禁してしまう)といった障害があらわれます。
 

 

 

また、情緒障害といったものもあります。

 

 

 

自分から何かを進んでしようとしない、
新聞や本を読まなくなった、テレビのチャンネルさえ変えない、
身だしなみにも無頓着になった、など自発性の低下があります。

 

 

 

 

さらに、会話が少なくなった、笑わない、
すぐに泣いてしまう、夜間の徘徊、不穏、
興奮状態などを引き起こす場合があります。

 

 

 

 

このように、脳梗塞の後遺症は、
わたしたちの健康と日々の生活に重大な影響を与えるものです。

 

 

 

このようなひどい状態に陥らないために、
日頃から危険な徴候を見きわめておくことが大切です。

 

 

脳梗塞の危険度チェック

 

 

 

ある日突然やってくる脳梗塞。

 

昨日までは、元気だったのに。

 

なってからでは遅い脳梗塞。

 

 

 

未然に防ぐためには、
ちょっとした兆候を見逃さないことが重要になってきます。

 

 

 

 

しかし、脳梗塞の兆候というのは、
本当に微妙なため、
ついつい見逃してしまいます。

 

 

では、脳梗塞の兆候にはどんなものがあるでしょうか?

 

 

朝起きたときの手足のしびれやマヒ

 

突然言葉が出なくなる

 

ろれつが回らなくなる

 

箸を落としたりする

 

物忘れがひどくなった

 

頭が痛い

 

頭がぼーっとすることが増えた

 

など、このようなことがあります。

 

 

 

いずれも、脳の血管に血液が、
一時的に流れにくくなった時に起きる症状と言われています。

 

 

 

 

正式な呼び方は、「一過性脳虚血発作」と言います。

 

 

 

しかし、最初期の場合は、
すぐに血流が再開するために、また元通りになることが多いんです。

 

 

 

たとえば、突然言葉が出なくなっても、
また少しすれば話せるようになります。

 

 

 

箸を落としたりしても、
またすぐに持てるようになりますので、
大して心配せずにそのまま気にしないことが多いんですね。

 

 

 

 

しかも、これらはいずれも、
脳梗塞でなくても経験するような事柄ですね。

 

 

 

ちょっと疲れが溜まっていたりすると、
ろれつも回らないこともありますし、頭だってぼーっとしてきます。

 

 

 

 

ですので、すぐに元に戻ったし、
ちょっと疲れていたのかな、などと考えて、放っておくケースがほとんどです。

 

 

 

 

でも、このような兆候を見逃すと、
ある日突然……ということになってしまうんです。

 

 

 

ちょっとした兆候も見逃さず、
あれ?おかしい?と思ったら迷わず、
病院で検査してもらいましょう。

 

 

 

ところで、この脳梗塞の情報の中で、
たびたび「血栓」という言葉がでてきましたね。

 

 

 

この「血栓」こそ、
脳梗塞の犯人ともいえるものです。

 

 

 

この血栓を溶かす治療法によって、
脳梗塞の改善や予防をすることができます。

 

 

 

では、「血栓」とは一体何でしょうか?

 

 

 

どうすれば「血栓」を予防し、
脳梗塞にならない体質に改善できるでしょうか是非、下記から続けてお調べください。

 

 

 

心筋梗塞の解説

 

 

 

心筋梗塞(しんきんこうそく)という病気を簡単に説明しますと、
まず心臓の動脈(冠状動脈と呼ばれている)が詰まってしまい、
血液が流れなくなることから始まります。

 

 

 

 

血液が流れなくなると、
血液中に含まれている心臓が動くのに
必要な酸素や栄養分も流れなくなります。

 

 

 

そうすると、
必要な酸素や栄養分を受け取れない心臓の筋肉は壊死してしまい、
動かなくなります。

 

 

 

そして胸が苦しくなり、倒れてしまうのです。
これが、心筋梗塞という病気です。

 

 

 

 

この病気を理解するためには、
わたしたちの心臓の働きや仕組みを理解することが必要です。

 

 

 

次に、まず心臓の仕組みを考えてみましょう。下記の図をご覧ください。

 

 

 

この図の赤い血管が動脈で、青い血管が静脈です。

 

 

 

動脈は、ちょうど心臓を取り巻いて「冠」のような形をしているので、
「冠状動脈」とも呼ばれています。

 

 

 

 

この冠状動脈は、4ミリ前後の太さから、
2ミリさらに1ミリ以下の細さに枝分かれして、
心臓の筋肉(心筋)に入り込み、心筋に酸素や栄養分を与えています。

 

 

 

心臓の働き

 

 

 

わたしたちの身体が正常に機能するためには、
脳や内臓、筋肉などが活力を持ち、
働きつづけなければなりませんね。

 

 

 

その活力源となるのが、
血液によって運ばれてくる、酸素や栄養分です。

 

 

 

身体の各部位は血液中の酸素や栄養分を取り入れ、
それを活力にしているのです。

 

 

 

 

そして、その血液を送り込んでいるのが動脈で、
活動の結果できた老廃物を運ぶのが静脈です。

 

 

 

心臓は、収縮することによって、
動脈から血液を身体のすみずみにまで運び、
拡張することによって静脈からの血液をくみ取っています。

 

 

 

心臓がよくポンプにたとえられるのはそのためです。

 

 

 

心臓は、この収縮と拡張の繰り返しを休むことなく、
1日約10万回も繰り返しています。

 

 

 

 

そんな休みなく動きつづける心臓も、
酸素や栄養分を血液によって得ています。

 

 

 

それが、上記の図にある「冠状動脈」です。

 

 

 

それでは、心筋梗塞、
つまり心筋(心臓の筋肉)が梗塞(壊死)してしまうとは、
一体どういった状況なのでしょうか?詳しく次の図で見てみましょう。

 

 

 

 

 

この図は、左側の冠状動脈(画面向かって右側)の「A」の地点に血栓が出来てしまい、
それより先に血液が流れなくなっている様子です。

 

 

 

 

血液が流れないと、
心臓が動くのに必要な酸素や栄養分を受け取れないので、
心臓の筋肉が死んでしまい、心筋壊死となってしまいます。

 

 

紫の部分が壊死した筋肉です。

 

 

 

心筋梗塞の症状の程度は、
詰まった血管の太さや場所、詰まり具合などによって異なります。

 

 

 

比較的軽くて済む場合もありますが、
それでも心臓の筋肉の一部が死んでしまうのですから、
これは大変な病気です。

 

 

 

心筋梗塞になりやすい危険なタイプと症状

 

 

 

心筋梗塞は様々な危険因子が重なって起こります。

 

その幾つかを下記に列挙いたします。

 

 

高血圧、糖尿病、高脂血症、肥満、
喫煙、高コレステロール、動脈硬化、ストレスなどがあります。
 

 

たとえば、高血圧の人は、
高血圧じゃない人よりも、何と!

 

 

3倍も心筋梗塞になりやすいという統計もあります。

 

 

 

同じく、タバコを吸う人は吸わない人より、
3倍も心筋梗塞になりやすいという統計もでていますよ。

 

 

 

でも、これらの危険因子は、
心筋梗塞だけでなく他の様々な病気の原因ともなっています。

 

 

 

 

心筋梗塞の発症は、
前ぶれといったものはほとんどなく、
突然襲ってくるとも言われています。

 

 

 

急に胸が苦しくなり、
よく言われるのは、
「焼けひばしを突っ込まれたような感じ」という言葉です。

 

 

 

冷や汗やあぶら汗をかき、顔面蒼白、
息も絶え絶え、吐き気をもよおす場合もあります。

 

 

 

上記のような危険なタイプに含まれる方は、
十分な注意が必要だと言えます。

 

 

 

よく言われるように生活習慣を見直すことは、
本当に大切ですね。

 

 

 

ところで、この脳梗塞の情報の中で、
たびたび「血栓」という言葉がでてきましたね。

 

 

 

この「血栓」こそ、
脳梗塞の犯人ともいえるものです。

 

 

 

この血栓を溶かす治療法によって、
脳梗塞の改善や予防をすることができます。

 

スポンサーリンク