スポンサーリンク

ゆっくり食べて糖尿病を改善する

 

 

 

どうして、ゆっくり食べるのが健康に良いのでしょうか?

 

 

 

一般的には、早食いは太る、
と言われていますよね。

 

 

 

これは、必要以上に量を食べてしまうことと関係があるようですね。

 

 

 

「もうお腹が一杯〜」という指令は、
脳の満腹中枢から発せられるのです。

 

 

 

この満腹中枢は食事をしてから、
15分〜20分後にようやく刺激されるそうなんです。

 

 

 

 

なぜかと言いますと、
満腹中枢は、血糖が上がる事によって、働くからです。

 

 

 

血糖が上がるのに少し時間がかかるので、
早食いの人は、満腹中枢から、
「お腹が一杯ですよ〜」という指令が出る前に、
いっぱい食べてしまうという訳なんです。

 

 

 

 

わたしたちは、どれだけ食べたかではなく、
満腹感で食べる量を判断してしまいますから、

 

 

 

早く食べると、適量であるのに、満腹感がないために、
必要以上に食べ過ぎてしまう、という事なんですね。

 

 

 

早食いが太る! と言われているのはそのためなんですね。

 

 

他にも、早食いは胃腸にかなり負担がかかるんですね。

 

 

 

よく噛むということは、胃のような消化器官に、
「今から食べた物がそっち行くからね〜」という合図にもなっているんです。

 

 

 

ですから、胃腸も準備をし始めるのですが、
それをあまり噛まずに飲み込むようにして食べてしまうと、
急に食べ物が入って来ることになるので、
胃腸はびっくりしてしまうんです。

 

 

 

早食いの人ほど、胃腸が弱いなんていう統計もあるんですよ。

 

 

 

そして、早食いは何と言っても、
糖尿や糖尿予備軍の方にとっても、
非常に良くない影響を与えます。

 

 

 

わたしたちが食事をすると、
血糖値が上がりますね。

 

 

 

食後は誰でもそうです。

 

 

 

血糖値が上がると、すい臓はそれを感知して、
血糖値を処理してそれを下げるために、
インシュリンを分泌します。

 

 

 

そして、インシュリンのおかげで血糖値が下がり、
正常な血糖値に戻ります。

 

 

 

つまり、すい臓は血糖の量に合わせて、
インシュリンを出す訳なんです。

 

 

 

たくさん食べれば、たくさんインシュリンを出しますし、
少なく食べれば、少ない量しか分泌しません。

 

 

 

 

じゃあ、早食いをしてしまって、
急激に血糖値が上がると、どうなるでしょうか?

 

 

 

それは、すい臓も急いでインシュリンを大量に分泌します。
ここが! 大きな問題点です。

 

 

 

すい臓にとって、
急いでインスリンを分泌するというのが、
とっても負担がかかることなんです。
 

 

 

わたしたちもそうですよね。

 

 

 

仕事でも何でも、
急いで何かをしなければいけないというのは、
負担です。

 

 

 

早く早く!とあせらされると、
参ってしまいます。疲れてしまいますよね。

 

 

 

一方、ゆっくりゆっくり、
時間をかけても良いならば、
それほど負担になりませんし、疲れもほとんど感じなくてもよい訳です。

 

 

 

すい臓も、これと全く同じです。

 

 

 

早食いは、すい臓を急がせて、
「ホラホラ、早くインシュリンを出して、急いで急いで!」と、
言っているようなものなんです。

 

 

 

そうすると、すい臓も仕方なく急いで
インシュリンを製造分泌します。

 

 

 

おまけに、早食いは過食になると触れましたけど、
そうなると、急がせるは、量は出さないといけないわで、
本当にすい臓を酷使することになっているんです。

 

 

 

これが毎日毎日続くと、すい臓にとっては本当につらい事です。

 

 

 

それでもすい臓は、
ずっと一生懸命働いてくれているんです。

 

 

 

 「早く出せ〜」と言われれば、早く出し、
「もっと出せ〜」と言われれば、もっと出し。本当によく働いてくれています。

 

 

 

でもいい加減にしないと、
ついにすい臓が文句を言い始めます。

 

「早くって言われてもね、無理なんすよ!」

 

「もっともっと、って言われてもね、
こっちにも限界があるんすよ、いい加減にしてもらえませんかね!」
と、長年に渡って過酷な労働条件で働かされてきた、
その不満が一気に爆発します。

 

 

 

そして、徐々にインシュリンを出すのが遅くなったり、
インシュリンを出す量が少なくなったりしてくるんです。

 

 

 

つまり、仕事をさぼり始めるのです。

 

 

インシュリンの出が遅くなったり、
出す量が少なくなると、どうなってしまうのでしょうか?

 

 

 

それは、血糖値が上がります。

 

 

 

インシュリンが必要量ないと、
絶対に血糖値は下がりません。

 

 

 

インシュリンは血糖値を下げる体内にある唯一のホルモンだからです。

 

 

 

この血糖値が上がるというのが、
いわばすい臓が発しているメッセージなんです。

 

 

 

「もっとゆっくり食べてくれ〜」
「もっと食べる量を減らしてくれ〜」と言っているんです。

 

 

 

長年過酷な労働条件で働かされてきたすい臓は、
労働条件を改めるように要求しているんです。

 

 

 

わたしたちが、そのすい臓の声を聴いて、
自分の食生活や食習慣を改めるならば、
また仲良く一緒にやっていくことができますが、
その声を聴かないとどうなってしまうのでしょうか?

 

 

 

すい臓はついに! ストライキを起こし始めます。
労働放棄です!

 

 

 

すい臓は、疲れきってしまい、
インシュリンをほとんど製造したり分泌したり、
しなくなってしまいます。

 

 

 

 

こうなったら、なかなか大変です。

 

 

 

 

一旦ヘソを曲げてしまったすい臓を、
元に戻して働いてもらうのは大変なんです。

 

 

 

すい臓の機能が弱って、
ほとんど働かなくなると、
インシュリン注射が必要になってきます。
 

 

 

毎日のインシュリン注射ほど、大変な事はありません。

 

 

 

ですから、血糖値がちょっと高いとか、
糖尿予備軍、境界型などの、血糖値が少し高いという時点での、
すい臓が発しているメッセージをよく聴いてあげて、
体に良い食べ方、体に良い食事を心がける必要があるんですね。

 

 

 

 

大切な働き者のすい臓を、
過酷な労働条件から、
働きやすい職場で、気持ちよく働いてもらえるようにしてあげないといけないんですね。

 

 

 

早食いって、癖になっちゃってますけど、
こんな風に考えると、あぁ、もっとゆっくり食べなきゃいけないな、
って私も正直思いました。

 

 

 

みなさんはいかがでしたか?

 

 

 

もちろん、インシュリンの分泌不足は、
早食いだけが問題ではありませんけれど、
その一つの原因になっている事は、確かですね。
 

 

 

糖尿病の予防や改善には、
インシュリンの働きがとっても大事ですので、
ゆっくり食べること、一緒に心がけてみましょうね!

 

スポンサーリンク