スポンサーリンク

動脈硬化を理解しましょう

動脈硬化を理解しよう
わたしたちの命を支える血液。

 

 

その血液の通り道となっている血管は、
本当にすばらしく出来ています。

 

 

 

心臓から送り出された血液は、
動脈 → 毛細血管 → 静脈を通って、
再び心臓に送り返されます。

 

 

 

命を支える血液の通り道となっている、
この血管を若く健康に保つことはとっても大切です。

 

 

とりわけ、動脈硬化を防ぐことは、
健康に必要不可欠です。

 

 

 

糖尿病は、究極的には血管の病気とも言われていますから、
動脈硬化を防ぐことは糖尿病を防ぐことにもつながりますね。

 

 

 

では、動脈硬化とは何でしょうか?

 

 

 

動脈硬化には、
コレステロールが大きく関係していることは、
よく知られていますよね。

 

 

 

 

そして、近年ではコレステロールにも種類があることが分かり、
善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)と呼ばれている事も、
周知の事実ですね。

 

 

 

そもそも、この2つにはどんな役割があるのでしょうか?

 

 

 

 

まず、善玉コレステロール(HDL)と呼ばれているものは、
血管内にある、余分のコレステロールを肝臓に運ぶという仕事をしています。

 

 

 

 

逆に、悪玉コレステロール(LDL)と呼ばれているものは、
肝臓から、体の隅々にまでコレステロールを運ぶ役割を担っているのです。

 

 

 

 

全く逆の働きをしているわけですが、
この両者のバランスがとれ ているならば、
体は健康に保たれる事になります。

 

 

 

 

体にはコレステロールが必要ですから、
悪玉コレステロールによって運んでもらうことが必要です。

 

 

 

 

そして、体内に余ったコレステロールを運び出すために。
善玉コレステロールが必要となるのです。

 

 

 

 

悪玉なんていう言い方なので、
悪さしかしないのかと思いきや、
本来は大事な働きをしてくれているんですね。

 

 

 

 

しかし、体内に悪玉コレステロール(LDL)のほうが、
増えてくるとやっかいなことになります。

 

 

 

悪玉コレステロールが、
コレステロールをたくさん運んでくるのに対して、
善玉コレステロールが余分のコレステロールを運ぶのが追いつかなくなり、
血管内にコレステロールが溜まり、動脈硬化の原因となる訳です。
 

 

 

 

では、余分のコレステロールが溜まることにより、
どのように動脈硬化につながるのでしょうか?

 

 

 

 

実は血管は3層に分かれている、
という事をご存知でしょうか。

 

 

この3層というのは、内膜・中膜・外膜 の3層です。
といっても、全くイメージが湧きませんよね……。

 

 

 

動脈のイメージとしては、
トイレットペーパーだと私は思います。

 

 

トイレットペーパー?
え、ええ……

 

 

 

変なこと言うようですけど、
これって結構あたってるんですよ。

 

 

 

トイレットペーパーを覗き込むように見ますと、
芯が中にありまして、
その外側に紙が幾重にも巻かれていますよね。

 

 

 

この芯の中側の空洞の部分が、
いわゆる血液が通る所だと思ってください。

 

 

 

 

これが、「内膜」です。
血液の直接的な通り道が、内膜という訳です。

 

 

 

次に中膜ですが、
これは芯の回りの幾重にもなっている紙の部分がそれにあたります。

 

 

 

この中膜は、血液と接する事はありません。
そして、血管の層の中でも、もっとも厚みがある部分と言えます。

 

 

 

 

さらに、外膜ですが、
これは中膜のさらに外側の部分にあたります。

 

 

 

さしずめトイレットペーパーを包んでいる包装紙のようなものでしょうか。
一番外側にあたります。
(トイレに入った時にでも少し思い出してもらえれば……)

 

 

 

 

それで、内膜の一番内側、
つまり血液と接する部分に、
内皮細胞というものがあります。

 

 

 

余分のコレステロールが血管内にいっぱい溜まると、
この内皮細胞に傷をつけてしまいます。

 

 

 

そうするとどうなるでしょうか?

 

 

 

傷がついた内皮細胞のすき間から、
悪玉コレステロールが中へ中へと入っていてしまいます。
 
 

 

内皮細胞を突き破り、内膜へと入っていくのです。

 

 

 

そして、そのすき間からは、
血液の中に含まれているカルシウムや血小板も入り込んできます。

 

 

 

つまり、内膜の中では、
コレステロールやカルシウムや血小板やらが、
ごちゃまぜになった、お粥のような状態になるんです。

 

 

 

そのように、色々な成分がどんどん入っていって、
膨らんできて、その塊のためにボコッとふくらんだ形になり、
ふくらんでしまうために、その部分の血管内が狭くなってしまい、
血の流れが悪くなります。

 

 

 

 

そのような状態が、
心臓の冠動脈で起こると、
狭心症や心筋梗塞を起こしますし、
硬化している血管は柔軟性がないために、
血管破裂につながることも多いのです。

 

 

 

では、悪玉コレステロールを体内で増やさないようにするためには、
どのように食生活に気を配る事ができるでしょうか?

 

 

 

 

元々コレステロールの値が高い人は
、一日の摂取量を 300mg 以下に抑える必要があると言われています。

 

 

では、300mg ってどれくらいでしょうか?
実は、L卵1個でほぼ、300mgなんです。

 

 

 

オムレツなんか食べてしまえば、
1日の摂取量の2倍、3倍は、あっという間に超えてしまいますね。

 

 

 

卵を含むお菓子なども、
高コレステロールですので、気をつける必要がありそうですね。

 

 

 

他にも、

 

いか刺し身 50g 150mg
するめいか 25g(1/4枚程度) 245mg
車えび 50g(約1匹分) 95mg
うなぎ 50g 120mg

 

 

 

と、実際の数値を見ると、
結構一般的な食材が、高コレステロールだったりしますね。

 

 

 

一方、よく言われるように、
魚に多く含まれる成分が、
悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを増やします。
 
 

 

EPA(エイコサペンタエン酸)と呼ばれる成分は、
はまち、いわし、にしん、さば、などに多く含まれています。

 

 

 

DHA(ドコサヘキサエン酸)と呼ばれる成分は、
真鯛、ぶり、さば、などに多く含まれています。

 

 

 

このような成分を含む食品を多く摂る事も必要ですね。

 

 

 

最近では、
スナック食品や高脂肪の炭酸ジュースなどを、
小さい頃から摂取し続けているため、
小学生でも動脈硬化になっている、なんていう報告もあります。

 

 

 

糖尿病はただでさえ血液がドロドロしてきて、
多くの血管を弱らせています。

 

 

 

それに加えて、高コレステロールだと、
体のあちらこちらの血管が動脈硬化になって、それはもう大変です。

 

 

 

動脈硬化は命とりです!
 

 

 

動脈硬化を防ぎ、
血液が流れやすい体作りを始めましょう! 

 

スポンサーリンク